現在位置:

パンフレット 山田与三松商店様

カテゴリー:パンフレット | 公開日:2019.5.23

当初のご相談はネットショップの立ち上げでしたが、ヒアリングをすると「既存ルートの営業のため広報ツールがない」「新規顧客開拓をしたい」「外国人旅行客に好評である」という現況が見えてきました。

既存ルートでも客先が代がわりをしている、新規開拓先に手渡すものがない、どんな包丁が外国人向けに人気なのか、とお話を詰めていき、まずは「紙ツール」を作成する流れになりました。

弊社では、パンフレットもホームページも作成していない会社さまには、できるだけ紙ツールを先に作成しましょう、と伝えています。文章とビジュアルイメージをしっかりさせ、クライアントさんと弊社でイメージを共通させてからホームページを作る方がブレがありません。

山田与三松商店さんには、数百種類ある包丁の中で、市場をみて包丁を選出していただきました。また包丁の卸業者として当たり前にしているサービスを、明文化しました。

包丁の撮影は本当に難しく、色や光り方、波模様などを考えると時間もかかります。たとりカメラマンが数十枚撮影した中の複数枚を合成した一枚に仕上げてくれました。(それでも紙と印刷で印象が変わるのは致し方ありませんね)

色は砥石をイメージさせました。イラストはオリジナルで描きおこしてもらっています。

このビジュアルをもとに、次年度はホームページに落とし込む予定です。

A3 2つ折り

CL:山田与三松商店 E/W:齊藤理子(カウベル・コーポレーション) AD:亀田幸恵 P:たとり直樹(スタジオ壱景)イラスト:前野みさと

【凡例】CL:クライアント AG:広告代理店 DR:ディレクター E:エディター(編集者) W:ライター AD:アートディレクター D:グラフィックデザイナー DTP:DTPオペレーター I:イラストレーター P:フォトグラファー WD:ウェブデザイナー ME:マークアップエンジニア SP:スピーカー(講師)

このエントリーをTwitterでツイートこのエントリーをYahoo!ブックマークに登録このエントリーをはてなブックマークに登録このエントリーをlivedoorクリップに登録このエントリーをdel.icio.usに登録

案件に応じて無料お見積りいたします

簡単なものでかまいません。現在お考えの仕上がりイメージをメモ程度にまとめていただき、お問い合わせフォームよりお送りください。折り返し、電話・メール・ファックス等で詳しい仕様をヒアリングさせていただき、制作費の概算見積もりをいたします。