'; echo ''; echo 'カウベル・コーポレーションのブログ COWBELLog'; echo ''; echo ''; } else { echo '

'; echo 'カウベル・コーポレーションのブログ COWBELLog'; echo '

'; } ?>

Aug 24, 2008

3歳児子連れ東京旅行〜食事編〜

幼児を連れていることを無視して、本能のままにレストランを選び、写真を撮ることすら忘れました。

■1日目昼 
東京駅エキナカ「グランスタ」にて。

銀の鈴の場所がリニューアルオープンしていました。私の記憶にある東京駅地下は、薄暗く、汚く、さみしーい気持ちになるところだったのに…。
駅弁販売が主なので、家族で食事をするスペースはありません。ちょこっと待合のスペースがありますが、あくまでも腰掛け程度のところです。とりあえず、おこわのお弁当を買って腰掛けスペースで食べました。あと、ソムリエの店もあったので、一番のおすすめというマスカット酢の炭酸割りを注文(350円)。シャンパン風の入れ物がお洒落でした。

■1日目夜
新大久保 オムニ食堂 大久保店

いかにも韓国!って感じで懐かしい外観。「福井で食べられないものを食べる」というルールにのっとり、テツ氏がmixiコミュから見つけてきた店です。店員さんは韓国人で、先に客席にいた団体も韓国人の方でした。これは期待できる!期待通り! 家族3人で飲み代入りで7000円弱。韓国好きには当たり店でした。


■2日目朝
フォーシーズンズホテル内 イタリア料理「イル・テアトロ」

前夜ディナーを望みましたが、未就学児は入場不可、完全予約制という敷居の高い店。なので朝食でリベンジ。塗り絵付きの子供用メニュー(10歳以下)を用意してくれ、さらにクレヨンをプレゼントしてくれました。さすが、飽きさせないホスピタリティー。

庭園側の席は満席だったので、子どももいるし奥のソファーシートで朝食。メニューは基本的にアラカルトですが、セットもあります。大人は一人3000円(セットメニュー)、子どもは1200円。いずれもサービス料別。子供用アラカルトでみかけた次のメニューが食べてみたかった…。
・チョコレートワッフル チキンソーセージとストロベリーマーマレード添え(700円)
・スクランブルエッグ カッテージチーズとホールウィートトースト ベーコンまたはチキンソーセージ添え(900円)

ちなみに、息子はどの料理も高級すぎて口に合わず、吐き出す始末…(-_-)。サクランボジャムを一瓶食べていました。とほほ。

■2日目夕方
東京駅 大丸百貨店レストラン街「サバティーニ・ディ・フィレンツェ」

イタリア・フィレンツェにある名店が大丸に。現地のレストランなんて逆立ちしても入れそうにないので、ここで入っておこう。
かなりの有名店なので期待しましたが、味はそれほどでも。ファルファッレ(蝶の形のパスタ)のトマトソースと、カルボナーラをオーダー。定番の外さない味というところでしょうか、無難です。昼のコースで2200円。グラスワインは1000円〜。ワインは美味しかったけれど、パスタには感動無し。ちょっとがっかり。やはり福井の名店のほうが口に合うかも。

気になったのは、13F にあるXEX TOKYO。 その中のカフェ&バーに行ってみたかった。パティシエ辻口博啓のスイーツと、バリスタ世界チャンピオンのカプチーノがあるけれど、でもバーなんです。ドレスコード有り。

大丸のレストラン街は大きく様変わりしていて、列車の待ち時間に食べる、というところではなくなりました。どの店も名の知られた店で、一皿2000円前後と、かなりアッパーな価格帯。「幼児を連れた家族」「お金を持っていない家族」は完全に排除しています。もともとリニューアルするときのコンセプトが、富裕層向けに、と発表されていた(と思う)ので、こういうことか、と切に感じる雰囲気。お金を持っていない団体は、地下(グランスタ)で駅弁でも食べててね、という格差を感じなくもない…。

食事代が一番かかったのは、サバティーニ・ディ・フィレンツェ、料理も価格も満足度が高かったのはオムニ食堂。料理、サービスに感動したのは、イル・テアトロ。

食と食事場所からなんとなく経済格差を痛感した旅になりました。

東京に住む友人から教えてもらったスポット

■海外絵本とカフェの店「EHON HOUSE Mejiro」(目白)

■レストラン「レギャン・トーキョー」(渋谷)

■中華「栄児 家庭料理(ロンアール カテイリョウリ)」

author : かうべるりこ
カウベルのお出かけ | Aug 24, 2008 17:18
 

これであなたも“牛通”に! 世界の「牛ニュース」(β版)

コメント

「サバティーニ・ディ・フィレンツェ」

が、一瞬

「サバエシティー・ホテル」

に見えてしまった私です。(失笑)

posted by: taka : Aug 24, 2008 19:45

そう、関東圏で美味しいといわれる店に行ってはみるものの、あんまり感動しないことが多いのはなんででしょ?
こんなん福井のあの店のほうがやすくてうまいなぁって思うことがたくさんあるよね。
値段と味がつりあってないのかな。
グルメリポーターのあのコメントたちが最近かなり疑いの目で見ることがある・・・。

posted by: あい。 : Aug 26, 2008 10:34

>takaさま

その「みまつがい」は、間違ってないです。鯖江のマンゴープリンのほうが、感動にまみれましたもの。

>あいさま
値段と味がつりあってないのかな

そう!今回も実感したわー。和食と洋食は、福井の方がおいしい。比べてしまうもの。んー、福井の味に慣れている、というのもあるかもしれません。レストランは、友人に紹介されたところのほうが確かです。

posted by: かうべるりこ : Aug 28, 2008 19:00
コメントする




メールアドレスは非公開で、管理人にのみ通知されます





名前、アドレスを登録しますか?


コメントスパム防止のため、本文中に「、」「。」のいずれかが含まれていないと投稿できません




カウベル・コーポレーション 会社案内リンクバナー
Powered by
Movable Type 3.151-ja

'; echo $owner_name . ' ©' . $date; } ?>
Banner photo by
Marcusrg ©2006