'; echo ''; echo 'カウベル・コーポレーションのブログ COWBELLog'; echo ''; echo ''; } else { echo '

'; echo 'カウベル・コーポレーションのブログ COWBELLog'; echo '

'; } ?>

Aug 27, 2008

野田秀樹が私の○○をっ!!

金沢21世紀美術館に行ってきました。
驚愕の人間像、「ロン・ミュエック」展もさることながら、この日(8/19)の目玉は、なんといっても、野田秀樹氏の公開ワークショップ!

撮影できなかったのが残念です。
これは日比野克彦氏が展覧会の一環として美術館内に「舞台」を作り、その舞台で日比野氏と懇意な関係の野田氏、そして生徒たちが演劇を上演する試み。
日程限定で、練習の様子を一般公開するというものでした。

野田秀樹といえば、私を演劇鑑賞に目覚めさせた当人!「贋作・桜の下の満開の下」は思い起こすだけで身震いします。録画したビデオとサインペンをこっそりバッグにしのばせて、会場に向かいました。

野田秀樹登場!うわー小さい、小さいけれど舞台に上がると大きい〜。目の前で「下唇を触るクセ」「爪を噛むクセ」を見られました!一挙一足に心の中で大喜びする私。劇場では、野田氏の服のシワまで間近に見られる距離なんてとても見られません。ぷるぷる震える私の横で、森川氏はつまらなさそうに「外出てくるわ」と退出。。。ここの興味ラインは相容れない夫婦関係。。。

野田氏は客席側に寄りかかり、ワークショップを続行させています。客席もそれなりに埋まってきました。
そこに、今回カウベルツアーに無理矢理?同乗させた、ともぞうさん(女性)が登場。ともぞうさんはこともなげに、会場を見渡しながら、なんと、野田秀樹の真後ろを占拠!おおおお、おそれおおい〜。後で聞いたら「なんか、声が聞こえにくかったんで前の方にいっただけ」というスマートな回答。私も、勇気を振り絞ってともぞうさんの隣(つまり野田氏の後ろ)にさりげなく(みえるように)移動しました。

ここで!「油性マジックが無いか?」と野田氏が探し始めました。
そこで!私はすかさずサインペンを差し出し「使ってください!」。
そして!野田氏が私のサインペンで床に印をつけていきました。
しかし!日比野氏の変な段ボールチラシがびっちり敷かれていて、黒のサインペン(細)は、チラシと同化してしまい、印の役割を果たさないイマイチな活躍に。
でも!私のサインペンを使った野田氏がつけた印は、たぶん末永く残るでしょう。
ああ!あの行為を目にした私、宝のひととき!

そしてそして、野田氏とちょっとだけ言葉を交わすこともできました。

野田氏のアドバイスは素人がみても、的確すぎる的確ぶり。彼がほんのちょっとの生徒たちに動きのヒントを与えるだけで、格段にクオリティーが上がっていました。めきめきっと音がしていました。1時間くらいしか見られなかったのが悔やまれる!

author : かうべるりこ
カウベルのお出かけ | Aug 27, 2008 21:14
 

これであなたも“牛通”に! 世界の「牛ニュース」(β版)

コメント

おお~。わかるわ~。うちのだんなさんも椎名誠さんや野田知佑さんの握手会にいそいそと出かけていく私を理解してくれませんよ。サインペンはジップロックしましたか?

ところで、「ロン・ミュエック」展すごいよね!でかい赤ちゃんのやつが最高です。血だらけでもかわいいと感じるのは、きっと”母”だけですよね。

posted by: enma-na : Aug 28, 2008 10:13

本当にちっちゃいのにおっきいのは、この人の存在ってすごいな、とつくづく思うねぇ~。
21世紀美術館行ってみたいなぁ。

posted by: あい。 : Aug 28, 2008 10:25
コメントする




メールアドレスは非公開で、管理人にのみ通知されます





名前、アドレスを登録しますか?


コメントスパム防止のため、本文中に「、」「。」のいずれかが含まれていないと投稿できません




カウベル・コーポレーション 会社案内リンクバナー
Powered by
Movable Type 3.151-ja

'; echo $owner_name . ' ©' . $date; } ?>
Banner photo by
Marcusrg ©2006