現在位置:

聞く

―カウベルの五大特長《1》

もどかしいその想い、お聞きします。
ゆずれないその信念、言葉にします。

私たちの武器は、取材力。
飲食業ではシェフの話を、製造業では自社製品のこだわりを、というように、業種に合わせた取材が可能です。私たちの質問にお答えいただき、そのコメントを、言葉にする。それが私たちの仕事なのです。

新商品のアイデアが生まれているが、どこでどうしていいか分からない! 私の頭の中の回路を言葉にしてまとめてほしい! というクライアントさまが訪ねて来られることもしばしば。「誰に相談してよいか分からないから、とりあえず来た」というストレートなクライアントさまもいます。

そんなとき、私たちはざっくばらんに、でもじっくりと話を伺い、最適な方法を探ります。

相手の希望も、要望も、悩みも、批判も、じっくりと伺うこと。それが私たちの仕事の始まりです。

考える

―カウベルの五大特長《2》

クライアントさまから伺った「情報」を形にするために、すごくいっぱい、たくさん考えます。いただいた情報をもとに

  • どんなアピールが良いのか
  • 最適な制作物はなにか
  • 別の分野で繋がりがもてないか
  • 得意分野の知人がいないか
  • 売れる方法はないか

というように具体的に案を練ります。

考えること。それは一連の作業の中で、もっとも重要な部分。
時間を費やし、コストもかけるべきは、企画を発案する根幹の、この部分なのです。

つなぐ

―カウベルの五大特長《3》

アイデアが湧き出たら、次はスタッフのコーディネート。クライアントさまが望む制作物の「色」や「雰囲気」に合わせて、私たちは「案件ごとのベストメンバー」を組みます。

企画に適したデザイナーやイラストレーター、カメラマン、ライターなどで制作チームを編成。メンバーはみな、私たちが信頼を寄せる色とりどりのクリエイターたちばかり。作る目的に合わせて、一番いいヒトとモノ、コトをコーディネートします。

案件によっては、これまでの取材した方々の力を借りたり、その分野に精通するマニアックなブレーンにもアドバイスを求めたり。人脈の広さが、私たちの「お宝」です。

つくる

―カウベルの五大特長《4》

私たちが手がけるプロジェクトの最大の特長は、広告媒体(メディア)を選ばないということ。例えば、企業さまから「わが社の会社案内を」というオーダーがあったときには、ウェブサイトとパンフレットの両方を提案し、制作する、というふうにです。

メディアが持つ利点を最大限に生かし、クライアントが求める内容とイメージをトータルで表現していきます。ウェブサイトと紙媒体とが、同時進行で制作展開できるので、スケジュールやコストにも無駄がありません。

制作実績の一覧へ »

ひろげる

―カウベルの五大特長《5》

ウェブサイトやパンフレットなどを作ることだけが、私たちの仕事ではありません。人並み以上の取材をこなし、人並み以上に人に出会うという仕事を武器に、人と人、モノとモノをつないでいます。

なぜなら、情報は「常につながり合いたがっている」存在だからです。

アートイベントやワークショップ、異業種交流会など、多くの活動実績をもっています。私たちを通じて、クライアントさまの活躍の場や、人とのつながりが広がってゆくのがなによりうれしいこと。

世の人たちに「ハッピーとラッキーを」常に振る舞う制作会社、それがカウベルです。

イベント実績の一覧へ »