現在位置:

福井大学教育地域科学部でのライティング講座終了!(+講座開催へのいざない)

2010.12.22 - leoのエントリー

ミニレオ1号です。どーもです。

10月の後半から週イチペースで開いてきた、福井大学教育地域科学部 美術教育サブコース(美術科)でのライティングワークショップ。本日の講座をもって無事終了しました。

美術科の城(?)のデザイン実習室にて ライティング講座の課題発表です


文章の要約を通じた〈情報の取捨選択〉の方法、見出しのつけ方、キャッチコピーを書く際の視点の持ち方など、いくつかの演習を経て迎えた最終回。ワークショップの仕上げは、課題にしていた「ニュースリリース」の発表です。

題材にしたのは、ネイティブの講師によるフランス語講座を行なっている福井日仏協会のニュースリリース。同協会のメンバーから前もってオリエンテーションを受け、1週間という期限で美術科の学生たちに作ってもらいました。

ほぼ初めての経験ながら、ニュースバリューを的確にとらえた見出しがつけられていたり、講座の開催日時(けっこうややこしい)を表組で整理してあったり。工夫のあとがうかがえるニュースリリースを見ることができ、楽しいひとときを過ごすことができました。

企業の社内報や地域の広報紙などを担当されているみなさま。取材の視点や見出しのつけ方、文章のまとめ方などでお困りでしたら、カウベルと一緒にワークショップをやってみませんか? 半日~1日コースから今回のようなシリーズものまで、ご予算や参加人数に合わせたオーダーにお応えします。

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

このエントリーをTwitterでツイートこのエントリーをYahoo!ブックマークに登録このエントリーをはてなブックマークに登録このエントリーをlivedoorクリップに登録このエントリーをdel.icio.usに登録