現在位置:

フランス視察 ソバ産地ブルターニュより

2018.3.3 - COWBELLのエントリー

2018年2月18日~23日、フランスのパリとブルターニュへ向かい、ソバに関する知見を深めてまいりました。
福井県産の玄そばを使い、石臼製粉を行っている創業140年余のカガセイフン様からのご依頼で、同行取材をしてまいりました。

photo by 3nobu

パリでは、現地クレピスト(クレープ職人)の方に、福井県産とブルターニュ産のそば粉を使ってガレットを焼いていただき、味、食感、生地の違いの意見を交換を行いました。生地の作り方の違い、焼く時の温度の違い、そもそもの粉の違いも感じましたが、福井県産はおおむね好評で、独特の「ねばり」は現地クレピストもよく口にしていました。詳しいレポートはカガセイフン様の特設ページをお待ちください。

そのほかサクッとしたレポートはサイトウリコ個人ページにて

このエントリーをTwitterでツイートこのエントリーをYahoo!ブックマークに登録このエントリーをはてなブックマークに登録このエントリーをlivedoorクリップに登録このエントリーをdel.icio.usに登録