現在位置:

かえっこバザール@海の手仕事市2018

2018.5.5 - COWBELLのエントリー

今年もやってきました、かえっこバザール。3日の雨が一転、4日は晴天すぎるよいお天気に。

備忘録
・朝一でワタリグラススタジオのご子息が見回りに来られ、物色をするお年頃に。

・朝一で来られた男の子が、ライダー系の物をごっそり出し、一気に市場が豊かになる。

・ライダー系の物が来たら、くらげの兄ちゃんに横流しする(取り置き)。

・越廼在住の兄妹。RMTが登場。今年もかえっこの仕切りを頼む。店長ポイントは相当高め。

・段ボール箱に5箱+車2台+コンビの赤ちゃんおもちゃ(プラレールや積み木も) という相当な資産家家族が投入をしてくれて、これまた市場がごった返す。兄店長が「パンク寸前!」と連呼して仕切ってくれる。

・こんなに晴れると思わなかったし雨だと思ったので、かえっこのぼりと看板を持ってこなかった。悪女に準備が甘い!と怒られる。

・今年は、児童から生徒になった戦士のものと、幼女から女の子になった悪女のもので、なかなかいいもの(3点超え)を投入したので、市場の様子がちょっと変わる。

・コロコロは、男子がほぼ持っているので、かえっこされない。

・ワンピースのフィギュアが出たとき、男の子2人がお父さんのために働いてかえっこをしていった。

・収量1時間前に来た女子のパワーがすごすぎた。「倍働くから倍のポイントちょうだい」と交渉してきた。「そのかごもかえっこしてくれるのか」とトレイまで持っていった。

・悪女のおともだち姉妹が来てくれて、お手伝いをしてくれた。妹さんが「私がポイント係になる」とどすん!と指定席へ座り、店長役をこなしてくれたことに成長を感じる私。

・かえっこ終了後、兄妹RMが「私たちが大きくなったらこのかえっこはどうなるか」と承継問題に発展して新たな課題が浮き彫りに。

今年はご飯を食べる暇もないくらい忙しかったです。

毎年楽しみにしてくれているお友達、お子様たち、本当にありがとうございました。

根気よく子供たちのおもちゃ選びに付き合ってくれているお父さんやお母さんにも御礼申し上げます。見守る余裕があたたかいです。

最後に、途中で大量に資産をご持参くださったご家族(車やプラレール、積み木)、かえっこポイントが相当にございます。お渡しできなかったので来年でもいいので「あのときの資産家です」と再度お声かけください。ポイントを金庫に保管しております。

このエントリーをTwitterでツイートこのエントリーをYahoo!ブックマークに登録このエントリーをはてなブックマークに登録このエントリーをlivedoorクリップに登録このエントリーをdel.icio.usに登録