現在位置:

2017.10.14

【チェコアニメ映画祭番外編】福井駅前でワークショップ「街中アニメ! 2017!」

チェコアニメ映画祭の開催日の翌日に、同じ福井駅前で『街中アニメ! 2017! (全2回)』ワークショップがあります。福井大学の坂本先生(アニメ好き)が、セルアニメの作り方を指導してくれます。

カウベルも昨年参加しました。福井市のど真ん中を舞台に、アニメで動かすってほんと面白いです。描いて作って動かす、そして上映するという一連のプロセスは満足感ありありです。

小学生~高校生とありますが、大人もこっそり参加できそうです。大人だけど、高校生の心を持っていればよさげです。親子でというより、親も子もそれぞれやってみるとお互いに燃えます。

日時 平成29年10月22日(日)、29日(日)
10:00~17:00
会場 福井市まちづくりセンター「ふく+」
〒910-0006 福井市中央1丁目9-27 マルキヤビル1階
講師 坂本 太郎(教育学部 准教授)
対象・定員 小学生~高校生(同伴者含む) 12名
※2日間とも参加できる方
受講料 無料
募集開始 9月22日(金)AM9:00~
募集締切 10月17日(火) ※締め切りすぎても大丈夫そう
備考 各自昼食をご持参ください。

詳細と申し込みはこちら

https://chiiki.ad.u-fukui.ac.jp/course/lecture/entry-228.html

2017.10.11

【チェコアニメ映画祭inFUKUI】映像クリエイター牧野惇さんがやってくる!

今回は、なななななんんと、チェコの大学でのアニメーション研究歴もある映像ディレクター・牧野惇さん(福井県出身)を招いてのトークショーを行います。なんてスペシャルなんでしょう。

牧野惇(まきの・あつし)さんは1982年福井県生まれの方。

2006年よりチェコの美術大学UMPRUMのTV&Film Graphic学科にてドローイングアニメーション、パペットアニメーションを学んだ後、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーションコース修了しています。

  • Mr.Children『ヒカリノアトリエ』MV
  • YUKI『ポストに声を投げ入れて』MV
  • 絢香『コトノハ』MV・CDジャケット

などミュージックビデオを手掛けており、チェコアニメ好きの人が見れば「ああ、その表現ってば!」と感動ものです。コマ撮り、実写を組み合わせた手法はまさに!とチェコで学んだ表現が生かされているに違いない、と感銘を受けること間違いなしです。

《公式プロフィールページ》
» https://www.pics.tokyo/people/atsushi-makino/

今回カウベルは、「情熱、情熱、さらに情熱」で牧野さんにアタックしました。ぜひ福井で!ぜひチェコのお話を!
福井出身でチェコアニメつながりなんて、これは奇跡でございましょう。

そんな熱い期待にこたえてくださった牧野さん。ぜひトークと映像、一緒に楽しみに来てください。

 

チェコアニメ映画祭inFUKUI の詳細は こちら https://www.cowbell.jp/czech2017/

チケット販売・購入について

チケットのメール予約受付を開始しています

下のボタンより予約フォームに移動いただき、必要事項をご記入のうえ送信してください。当日、受付にて前売料金で精算いたします。

チェコアニメ映画祭inFUKUI チケット予約フォーム

響のホール(福井市中央1)B1F プレイガイド
カウベル・コーポレーション(福井市二の宮5) でご購入いただけます。

2017.10.7

【チェコアニメ映画祭inFUKUI】第2部 上映作品のそそるところ

第2部は映画好き、ナンセンス好き、トリック好きな大人に贈る映画です。ファンタジックでもあり、シュールでもあり、つかめないもどかしさを楽しんでください。

『シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック』は、二人の紳士が見世物小屋的な感じで話を進めるのですが、途中途中の表現がグロいエロい、ナンセンスです。でもとっても芸術的なんですってば。

『庭園』は、1部の『手』に通じる、社会主義国のほんとのところ、のお話です。「ええ、そこで、何をおおおお」ってなります。見ているうちに前のめりになります。必ず。

『オトラントの城』は、現実なのか虚構なのかほんとの話なのか作られた話なのか、それもとてもあやふや。しかし実写と絵を合わせた表現にググッとアート的要素が絡まって引き込まれますよ。

観終わった後は、「やん・しゅヴぁんくまいえる」とお名前をきちんと発音できるようになっていますから。

第2部 シュヴァンクマイエル作品集 18:00~

チェコを代表するアニメーション作家の1人である、ヤン・シュヴァンクマイエルが1960年代~80年代に手掛けた作品6本を上映します(字幕あり)。

シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック
(1964年 / 12分)
エトセトラ
(1966年 / 7分)
庭園
(1968年 / 17分)
コストニツェ
(1970年 / 10分)
オトラントの城
(1973~1979年 / 18分)
アッシャー家の崩壊
(1980年 / 16分)

チェコアニメ映画祭inFUKUI の詳細は こちら https://www.cowbell.jp/czech2017/

チケット販売・購入について

チケットのメール予約受付を開始しています

下のボタンより予約フォームに移動いただき、必要事項をご記入のうえ送信してください。当日、受付にて前売料金で精算いたします。

チェコアニメ映画祭inFUKUI チケット予約フォーム

響のホール(福井市中央1)B1F プレイガイド
カウベル・コーポレーション(福井市二の宮5) でご購入いただけます。

2017.10.7

【チェコアニメ映画祭inFUKUI】第1部 上映作品のそそるところ

第1部は、親子でも見られるように土曜日の午後に開催します。
チェコアニメの中でもファンタジックでキュートな短編映画を6本、用意しました。

といっても、チェコ語あり、字幕ものもあるので、試写では「幼児や小学生には読めないかも~」と焦りました私たち。そこで急きょ、同時翻訳ならぬ同時吹きかえを、ある女性にお願いしております。

『もぐらくんとズボン』は保育園や幼稚園ではおなじみの絵本です。実は映画が先なんですよ、きみたち。
キュートなもぐらくん「クルテク」、彼がはいているズボンはどのように作られたのか!?いきさつが分かります。

ほっこりするのは『郵便屋さんの話』。だけど冒頭から「こんな話なの??」とのけぞります。驚きます。郵便やさんあるあるかもしれません。郵便局関係の方、щ(゚Д゚щ)カモーンなお話です。

『飲みすぎた一杯』は「まじでコマ撮影ですかこれ?!」と驚きの臨場感があります。主人公の人形が可愛い顔に騙されてはいけません。カメラワークやドラマチックな伏線脚本が見どころです。

16年前にも上映したのは『手』。社会主義国だった、当時の表現統制の様子を痛烈に批判表現しています。一番印象に残る作品かもしれません。

大画面でチェコアニメの「え?」「なに??」「すごい!」を共有しませんか?
ご来場、お待ちしております。

 

第1部 ベストオブチェコアニメ(ポエム編)14:00~

チェコで製作されたアニメーションのうち、1945年~69年製作のファミリー向け作品6本を上映します(字幕・一部作品同時吹き替えあり)。

《声の出演》那月茜(なつき・あかね)
福井県池田町在住
FMたんなん『iPop station』パーソナリティ、アイドルカバーバンド『越前殿方流※』ボーカル&ソロシンガーとしても活動中。

動物たちと山賊
(イジー・トルンカ 1945年 / 8分)
飲みすぎた一杯
(ブジェチスラフ・ポヤル 1954年 / 18分)
もぐらくんとズボン
(ズデニェック・ミレル 1957年 / 13分)
ベツレヘムの星
(ヘルミーナ・ティールロヴァー 1969年 / 11分)
郵便屋さんの話
(作カレル・チャペック 画ヨゼフ・チャペック 1964年 / 22分)

(イジー・トルンカ 1965年 / 18分)

チェコアニメ映画祭inFUKUI の詳細は こちら https://www.cowbell.jp/czech2017/

チケット販売・購入について

チケットのメール予約受付を開始しています

下のボタンより予約フォームに移動いただき、必要事項をご記入のうえ送信してください。当日、受付にて前売料金で精算いたします。

チェコアニメ映画祭inFUKUI チケット予約フォーム

響のホール(福井市中央1)B1F プレイガイド
カウベル・コーポレーション(福井市二の宮5) でご購入いただけます。

2017.10.7

【チェコアニメ映画祭inFUKUI】上映スケジュールと上映作品

上映作品とスケジュールです。
16年ぶりの今回は、なんとゲストトーク付!
チェコで映像を学ばれた牧野さんがお話しくださいますよ。

2017年10月21日(土)  福井まちなか文化施設 響のホール

スケジュール

13:30 第1部 開場
14:00 主催者あいさつ
14:05 第1部『ベストオブチェコアニメ(ポエム編)』
15:45 映像ディレクター・牧野惇氏(福井県出身)トークショー
17:00 第1部 終演予定
17:30 第2部 開場
18:00 第2部『シュヴァンクマイエル作品集』
19:30 第2部 終演予定

第1部 ベストオブチェコアニメ(ポエム編)14:00~

チェコで製作されたアニメーションのうち、1945年~69年製作のファミリー向け作品6本を上映します(字幕・一部作品同時吹き替えあり)。

《声の出演》那月茜(なつき・あかね)
福井県池田町在住
FMたんなん『iPop station』パーソナリティ、アイドルカバーバンド『越前殿方流※』ボーカル&ソロシンガーとしても活動中。

動物たちと山賊
(イジー・トルンカ 1945年 / 8分)
飲みすぎた一杯
(ブジェチスラフ・ポヤル 1954年 / 18分)
もぐらくんとズボン
(ズデニェック・ミレル 1957年 / 13分)
ベツレヘムの星
(ヘルミーナ・ティールロヴァー 1969年 / 11分)
郵便屋さんの話
(作カレル・チャペック 画ヨゼフ・チャペック 1964年 / 22分)

(イジー・トルンカ 1965年 / 18分)

第2部 シュヴァンクマイエル作品集 18:00~

チェコを代表するアニメーション作家の1人である、ヤン・シュヴァンクマイエルが1960年代~80年代に手掛けた作品6本を上映します(字幕あり)。

シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック
(1964年 / 12分)
エトセトラ
(1966年 / 7分)
庭園
(1968年 / 17分)
コストニツェ
(1970年 / 10分)
オトラントの城
(1973~1979年 / 18分)
アッシャー家の崩壊
(1980年 / 16分)

チェコアニメ映画祭inFUKUI の詳細は こちら https://www.cowbell.jp/czech2017/

チケット販売・購入について

チケットのメール予約受付を開始しています

下のボタンより予約フォームに移動いただき、必要事項をご記入のうえ送信してください。当日、受付にて前売料金で精算いたします。

チェコアニメ映画祭inFUKUI チケット予約フォーム

響のホール(福井市中央1)B1F プレイガイド
カウベル・コーポレーション(福井市二の宮5) でご購入いただけます。

1 / 8112345...102030...最後 »