現在位置:

2018.3.3

フランス視察 ソバ産地ブルターニュより

2018年2月18日~23日、フランスのパリとブルターニュへ向かい、ソバに関する知見を深めてまいりました。
福井県産の玄そばを使い、石臼製粉を行っている創業140年余のカガセイフン様からのご依頼で、同行取材をしてまいりました。

photo by 3nobu

パリでは、現地クレピスト(クレープ職人)の方に、福井県産とブルターニュ産のそば粉を使ってガレットを焼いていただき、味、食感、生地の違いの意見を交換を行いました。生地の作り方の違い、焼く時の温度の違い、そもそもの粉の違いも感じましたが、福井県産はおおむね好評で、独特の「ねばり」は現地クレピストもよく口にしていました。詳しいレポートはカガセイフン様の特設ページをお待ちください。

そのほかサクッとしたレポートはサイトウリコ個人ページにて

2018.2.16

フランス・パリで取材?広報支援で渡欧します

こんにちは。

このたび、弊社齊藤が、フランスへ渡り、クライアント様の広報にかかる取材撮影を担当いたします。

イベント準備のお手伝いと広報支援を兼ねてみっちりと行い、

パリでは、フランスのシェフが考案した福井県のそば粉料理を食し、料理関係者に感想を求めます。

弊社では、本イベントにかかる仏訳リーフレット(福井県産在来種玄そばの紹介)を作成しました。

その後、ガレットの本場・ブルターニュ地方へ移動し、ガレット有名店ラ・ブルターニュ サン・マロ店や製粉所を巡って、日本とフランスのそば粉製粉方法について学びに行きます。

【パリで福井のそば粉を!?】
福井県産そばをパリでアピールするイベントが開催されます。

日本ではそば=麺、フランスでは生地、ところ変われば食べ方も違う食文化が垣間見られます。

フランスでそば粉といえばガレットで、実は福井県でもガレット粉を製造しているんです。国産とフランス産では同じガレット粉でも食感や香りに違いがあります。

当日、現地の料理関係者に違いをかんじてもらう実演と、原料である玄そばについて専門家がお話しするそうです。そばがき、という食べ方もご紹介するそう。

食材を通じて、福井の産地とフランスの産地がつながりをもち、食文化の交流になるといいですね。
——————————————————————————————
2018年2月19日(月)13時~16時
会場 La Maison du Sak é(ラ・メゾンドサケ)
11 Rue Tiquetonne, 75002 Paris, フランス
amaisondusake.com
+33 9 67 61 97 03

主催 福井県/福井そばルネッサンス推進実行委員会

1)福井県在来種そばセミナー
・専門家による 福井県 在来種 そばの紹介
・動画、リーフレットによる 産地 紹介

株式会社カガセイフン 六代目 加賀健太郎社長がお話いたします。

(2) 現地飲食 関係者による 県産そば粉 の試食・評価
・パリの一般的なそば粉と違いを体感し、評価 をもらう 。
・そばがき( そば 切り用粉)参加者によるそばがきづくりで香り、味を評価
・ガレット(用そば 粉)メゾンドサケ のシェフによる生地 を提供/厚みによる香り、食感の違いを評価

2018.1.1

謹賀新年2018

明けましておめでとうございます

旧年中は皆々様に多大なご支援とご協力を賜り、誠にありがとうございました

今年も ワクワクワンダフル な1年をお届けできますよう

カウベルワンダフル を合言葉に 日々精進する所存でございます

みなさまに ハッピーと ラッキーを

2018年(平成30年)元日

 

2017.11.26

編集とライターとお仕事のことをぐるぐる考える金曜日。

11月24日金曜日、齊藤は福井駅前sankakuにて開催されたトークに参加してきました。

そのころ、森川は、金沢のライター交流会へ参加しに(https://www.note.fm/noteblog/5107/

お互いに編集の本とライターのなり方の本買ってきちゃっていて、原点に戻りまくってます。

そして二人ともそれぞれに締め切り間近のおもーいライティング残したまま週末を迎えます。

【参加感想】「まちづくりと編集」藤本智士@sankaku

2017.11.25

【御礼】チェコアニメ映画祭大反省会 無事終了、反省しました。

11月21日火曜日の夜、開催いたしました。当日1時間前に「今から行っていいですか?」のメール&電話が鳴り響き、なんと7名の方が参加くださいました。そう、この行動こそが、近年のイベント開催のカギともいえましょう。

Facebookページでの「興味あり」「行けたら行く」は「ほんとに来る!」の意味。
なので参加人数が見込みゼロでも、準備はしないといけないんですね。カフェを開いているオーナーさんの悩みがちょっとわかりました。

この日は、

映画祭でやっちまったこと
来場者アンケートでの指摘
告知に使ったツールと結果
収支、はたしてこれを赤字とみるか黒字とみるか

などイベント開催と告知メディアを振り返る内容でした。もちろん当日の運営で大事だった部分も。

参加くださった方の運営や広報の悩み、SNSの実際を聞いて情報交換もできました。

会終了後、名刺交換タイムでつながりになったようでうれしかったです。
勉強会があってもいいかもしれませんね。(要望あれば開きます)

ご参加の皆様、ありがとうございました。

 

イベントを企画・運営しようという方に向けて私たちの反省をお伝えします。

1 / 8212345...102030...最後 »